7000系通勤車両運転台
架線柱を退かすつもりでいる…。 遂にこのコーナーも独立してスタート!まず第1回目は…お詫びから。
管理人の諸事情により7月5日に予定していたBVE神奈鉄相模野線下りデータの配布を16日に延期しました(今後延びる可能性も考えられる…悪くとも7月末までには公開しておきたい…)。
それでは…
遂に最初に配布する7000系車両の運転台を公開!これでも完成と言い切れない部分もちょっとある…例えば受話器や行路表挿しがないこと。それを今後の更新版で公開するならば、この状態で公開しても差し支えないと思っている。
また、SSに出すのに躊躇っていた地上の対向式ホームの駅構内、一応SSで公開できる程度までになったのでここで紹介しておく(まだ更新箇所が出るのでご注意を)。
地下駅
ひばりが丘駅…中央は待避線にもなっている。 残念ながら公開は29日まで延期…本当に申し訳ありません。
今回は駅の構造変更が中心となった…。他にも一部区間の複々線化工事も実施、ラッシュの運転時間も短縮できるようになった(3年前に完成していたと想定していたけど…)。
今回のSSは地下駅、中央の2番線では上下とも入出線できるようになっていて、ラッシュ時には通勤快速を中心に分割併合も行っているということ。その停止位置板が下に埋め込まれているところに注目(枕木にズボッと刺さってしまったので、横に動かす予定)。ここでは見辛いが、架線に関しても構造を変更することにした…。出来る限りオリジナルのストラクチャを用意するという狙いからきている…、それでもmackoyさんには一応似ているストラクチャや流用・改造ストラクチャが存在するので、それについては許可申請します(それから公開なので…お盆の前になってしまうかも?)。そのうち駅売店も設置予定(オリジナル)、自販機も設置を考えている(他者のフリー素材使用?)、ゴミ箱は諸事情により設置しない予定。
終点イベント
ちょっとシンプルなボード…あるだけでもいいかも。 21日に緊急発案したもの…、ちょっとした終点イベントをBVE路線で組み込んでいる方もいたので、私のところでも似たようなものを用意してみた…。因みにこの「行き止まり」ボードを突破することはできません(停車したら、後進して停止位置に合わせてください)。
列車案内板
まもなく1番線に、急行橋本行きが10両編成でまいります。 沿線はちょっと凍結状態かもしれんが、駅はホンモノみたいな感じになってきた…、だが番線・方面案内と列車案内板を用意していなかったので、この度製作して完成版をデータに組み込んでみた。
|案内板の特徴|
番線・方面・乗場方向・種別・行先・両数・時刻等を別々の画像(BMP)にしてパターン毎に選択可能
表示段数の切替も可能(最大3段+1段を基本)
ひょっとすれば、この表示機をフリー素材化させるかも?…その時はまたお知らせします。
7000系運転台未更新・更新比較
計器類の位置も変更されていたり… 8月中に配布できる路線区間は短くなる可能性がありますが、最初に運転できる車両の整備は行いました…7000系通勤車両の運転台、更新前と更新後のイメージを紹介しておきます。配布するときにはまたまた運転台のイメージを変更する場合もありますが、基本的にはこんな感じの構造とさせていただきます。
開発途中区間
6000系・6050系の運転台(行路表挿しはボツかも?) ここはまだ開発途中の区間…、オブジェクト設置完了後にATS-Pの整備(パターン指令用の箱設置)を行います。なお、完全版公開は10月になってしまうかもしれないのでご容赦ください。その代わりに、地下区間として仕立てた横浜〜東戸塚間の体験版(本来保土ヶ谷・狩場を地上にする予定だったが、公開の遅延が発生した関係で、無理矢理地下にしました…これは予定外でした)を配布させていただきます。ちょっとした演出として、駅構内の広告に実際に撮影した広告をデータ用に加工したものも混ぜています。そして…7000系通勤車両の運転台を一部修正しました…、ハンドルがグレー基調にし、京急のワンコン車や小田急の3000形2次車以降のハンドルみたいな機構にしました(形も京急のワンコン車のハンドルに似ている…)。
体験版公開最終区間
停止位置50m以内の25km/hパターンに注意 まもなく公開の最終区間…。ちょいと駅構内のストラクチャが乏しかったので増やすことにした(こだわり過ぎたからちょっと時間がかかり過ぎた…)。この駅では列車案内板や壁側の現在駅案内板を追加…それでも少しは賑やかになったかも?そして…完成版では、信号ストラクチャや高架部分の壁(壁を高くしておけば、ストラクチャ設置の節約ができるかも?…読込みをちょいと軽くすることが可能)を自作のものにする予定です。
体験版公開
遂に体験版公開の時が…、22日昼に行う予定で、製品版完成次第そちらへ置換えをする予定となっております。それで今度は本線のオブジェクトを設置するのみかも?1ヶ月以内に7000系以前の系列の車両データを公開するかもしれん。あとちょっと報告、体験版ならびに神奈鉄線は浜急線(sato9cho氏製作)と相互直通運転を行うため、現在の時点では出現させていないが線内で試運転を行っている想定となっているので、もし浜急線の運転車両を持っていたら、運転車両を変更してもいいかも。
6000系改造車
結構ストラクチャを置いて見た目も華やかに…? 体験版をご利用いただきましてありがとうございます。
次回作とは言い切れないが、追加パックとして終電を再現したものを配布してみようと思っている。ダイヤは結構タイトで、定速を上手く使わなければ定着が難しいといったもの。しかも急行(か快速)の折り返しということで横浜3番線発車で10両編成ということが特徴となる。それとはちょっと反れるが、遂に6000系改造車の運転台を実現してみた、黒基調となっており、何故か7000系更新車より見た目がいい(今後IGBT-VVVFの再現をしてみるが…)。しかも力行ノッチが5段あり、最高加速度は3.8km/h/s…京急2100形と同じく50秒台で120km/hに到達、無論当社では殆どP4までしか使わないが(P4でも60秒くらいで120km/hへ到達するけど…)。因みに1000系・2000系以降このスペックを持っていることになっていて、終電でこの列車が入ると、P5を上手く使って定着に持っていっている(近々追加列車パックも配布予定)。
浜急車登場仕様
2000系運転台・運転台周りは広々としている 浜急線と相互乗入れを開始してもう10日、設定上では益々利便性が良くなったと感ずる。因みに浜急車も登場した製品版(本編)は10月末以降のリリースを予定しております。それで今度は1999年に登場した1000系・2000系の運転台を再現することに、注目点は高加減速度、1000系では約50秒で、2000系では約55秒くらいで120km/hへ到達する、なお3000系ではもう少し加速度を向上させる予定(50秒くらいになりそう…)。それと制御装置についてだが…今までIGBT-VVVFを考えていたのだが、京急2100形のシーメンス製VVVFに惹かれて、この2系列はシーメンス製GTO-VVVFにしようか…とも考えている(3000系はIGBTかIPMとなる予定)。
東武5070系を車両データに…
開発途中の東武5070系(クリックすると拡大します。) 一昨日乗車した東武5070系、早速BVEの車両データ用に表示画面をカスタマイズ、そして何とか整ったものがこちらです。あとは釣掛モーターを響かせるように録音データからの制御音調整を実施する予定です。そんなことしてばかりいると…10月中に長後へ延長する予定だった件はどうするんだ??まぁそれはいいとして…クリックすると拡大するのでご覧下さい(線路規格は違いますが、一応神奈鉄線内を走行させてみました)。
それと浜急車両オブジェクトの更新予定版の画像が出ていたので、そのような改造もこれから実施する予定(方向幕…こちらではローマ字を下に持ってきたのに、あちらでは上部にしている模様…京成の一部車両みたいに…)。
地上区間進捗状況
急遽対処(クリックして拡大しませう) この前書いていた日記…、その後急遽対処することにしました。但しここで配置している車両編成と行先等はSS掲出用に用意した暫定的なものなので変更が生じる場合があります。そしてちょいと報告…久しぶりに沿線ストラクチャ設置工事を実施しました、ここでは分からないが、名瀬駅の周辺整備とその先にあるトンネル手前までを整備、兎に角一軒家が多いです…、用意したのは12パターン…もう少々追加してもいいが、PCへの負担を少しでも軽減するためここまでにしておきます、アパートやマンション、そしてビルや店などは新規追加あるかも。
正式版公開延期
かなり重いのでこれは公開しません 諸事情により神奈鉄線BVE延長データ(正式版)の公開は11月以降となりました(浜急行電鉄を製作されているsato9cho氏が作成された浜急向け方向幕等が届いて、準備次第…)。大変ご迷惑をお掛けします、当初体験版配布を1ヶ月と予告しておりましたが、このまま継続させていただきます。また神奈鉄7000系車両データをDLしている方へ、車両エディタで簡単に車両編成を変更することが出来ますので、他両数のバージョンを配布できるまではそちらをご利用ください。
そういうことで…月始めのお楽しみは神奈鉄車両紹介の画像の変更、今まで車内を見せないようにしていた(そこまで再現するとフリーズしやすくなる…)が、車両紹介のみに限定して車内も再現してみた…。ここで紹介していなかったこと、神奈鉄車の座席は空色、優先席は桃色としている、また浜急線では全席優先席扱いとなっている。
>SIEMENS
当社では1000系・2000系・3000系で採用、ここの場合はGTOでもIGBTでも音階を奏でるものを採用している…でもその再現が少々難…でもないか。
神奈鉄紹介ページ
ちょっと気が向いたので神奈鉄紹介ページをKanatetsu Onlineに昇格及び大手鉄道会社並にページ配置・構造変更を実施。従来よりも少々見やすくはなったと思われるが…、完了後ついでに別館トップページもちょっとリニューアル…、しかしBVE路線延長はどうなったのだか??
土棚検車区近く
ずっと迷っていた検車区配置も何とか解決 まだ配布には相当時間がかかる場所…、上土棚駅近くに敷設された土棚検車区の線路配置の案がようやくまとまって線路敷設となった。なおKanatetsu Onlineトップページで掲載した鉄道まつりにおいての画像に則して線路は7線並びとした。画像を見た時に気が付くかもしれないが、高架線表現用の壁も自作のものに変更している、だがサビ等による汚れがあまり目立っていないのでちょっと変な感じもする…。
体験版の更新
体験版、今回の更新…(何故か知らんが体験版どころか製品版化しているような…)
高速運転で半径400mのカーブを通過するのはかなりきつい…ので600mに急遽変更することに。あと車内放送があまりにも小さすぎるという報告もあったので、今回修正を施した。また配布形式について…、ZIPの中に入っているEXEに関して言えば、前回配布したのはLHAユーティリティ32を利用したLHA圧縮の自己解凍書庫であったのに対し、今回はLHAよりも高い圧縮率を持つDGCA圧縮の自己解凍書庫に更新、比べてみると路線データ側が1MBくらい節約できている…ってことで、製品版に関してもDGCA圧縮を利用することにします(別館サーバーは1ファイルにつき5MBが限度だから…DGCA利用が好ましいのだ)。あと今度考案中なのが自動放送の扱いについて…、今回も自動放送は男声を利用(って私の声なんだけど…)したが、文章読上げといったソフトウェアを探してみて、自動放送ではよく使われる女声に変更するかもしれん(まだ分からんが…)。
8000系運転台
まだあまり出来ていないカントー連絡線(ATSではありません…) 本線系統のATCにも対応 今回はカントー連絡線用車両8000系の運転台を更新、東海道線用E231系のように速度計や時計も液晶画面に搭載しているタイプとした。このデータもまだまだ超β版(γ版が正しいかも?基本セットで過去に配布されていたE217系を利用しているし…なお音データは流用しないで、自作のを用意することにしている…ご安心を)、なので公開は無理です。
>架空鉄道会社HP作成のコツ
トップページの体裁は、スッキリまとまっていて見やすいというのが第1条件です。なお神奈鉄HPの上部にあるボタン関連についてはビルダーの中にあるロールオーバー効果のスクリプトを利用したものです。イメージマップで1画像から複数の場所へリンクできるということも可能。またトップには車両や路線図を載せておきましょう。会社概要や沿革に関しては気まぐれで決めたりするのも面白いかも…(笑)。
BVEデータに関すること
当サイトではBVEは神奈鉄線オンリーとして取り扱ってきたが、他のデータも配布したいと思い…遂にそれを実現させました。ってことで12月に登場することになった車両オブジェクト!BVE神奈鉄線で登場する車両よりも扱いやすくなっているので、メリットをお答えしよう。
・bmpデータ…こだわり技法を最小限に抑え、製作時間短縮・量産化を図っている。(それでもかなりリアルに近づけております…。)
・足回りの簡略化…台車や機器類を再現すると逆に重くなってしまうので、それを避けている(神奈鉄車の読込みが遅いのもこれが原因…但し質を重視したため、BVEデータでは従来のリアル再現を適用…)。また先頭車や中間車はパンタ有無だけが問われるだけなので、M車・T車の使用分別が不要となる。そして台車も表現されていないので、いちいち線路幅に合わせて台車位置変更をする手間を省ける。
・行先表示類…ホームページビルダーに同梱のウェブアートデザイナーを駆使することで表示・フォントまでにもこだわりを付けた。なお希望者にはウェブアートデザイナー編集ファイル(.mif)も配布するかも?
なお現在のところ.xファイルの開発は行っておりません、予めご了承ください。….xファイルを生成できるソフトウェアはフリー版で導入しましたが、開発はまだ先になりそうです。
正式版公開予告
新区間 BVE神奈鉄線の話題…
長後延伸版いよいよ登場!
発行予定:12月15日〜21日の間
バージョン:1.00  区間:横浜〜長後
種別:急行・快速・各停  使用車両:7000系10連・3000系6連
なおこの度整備完了した3000系の運転台風景ですが、1000系・2000系を基本とした運転台となっており、運転計器類等は液晶画面方式に変更されたところがポイントである。なお制御装置はIGBT-VVVFインバータ制御・例の音階も奏でる予定?
青葉台駅外観
駅構内 線路配置(手書きですが…) 久しぶりに書きます…。
ず〜っと構想中で教えることが出来なかった青葉台駅の外観…何とかSS公開できるまでに至りました。なお今回からは駅構内用ストラクチャのFreeObjからWallやRoofの構文へと変更してちょいと扱いやすくしました(データ軽量化も図れるので…)。今後は現在公開中の本線系統も変更がかかる場合もあります…。
ここで少々お知らせ
神奈鉄線でも浜急線の駅番号付番化に伴い、駅利用を容易にするため駅番号を適用しました。
3000系車両データ公開
ちょっとここでお知らせでも…
遂に神奈鉄3000系車両データ完成!音にも少々こだわりを入れた作品です…そうでもないや…。是非ダウンロードしてみてくだされ。
.Train Folder ___ 以降を変えるだけで大丈夫です。
製作近況
またまた久しぶりに書きます…ってより月刊化しているような気がする。現在ちょいと進行が遅れております…3月くらいに長後延伸版が公開できればいいと思いつつ進めております。さてさて…製作近況ですが、やっと長後までの線路配置が正式に決定し、あとは沿線オブジェクト設置のみです…まもなく車掌放送などの募集も始めます。
立場〜いずみ中央
やっとここまで完成か… やけに久しぶりに書きます。
この程諸事情によって製作がちょいと遅れ気味です…、一応どこまで完成しているかを公開しておかねばならないと思うので…、ってことで左画像のとおりです。現在は立場→いずみ中央がやっと公開可能の形にまで持ち込むことが出来ました、あとは長後まで…2kmばかしあります。公開は4月8日に決定させていただきます…(前後1週間のズレは生じる可能性がある)。
また各放送担当にご応募いただきありがとうございました。

…追記…
8日に公開を予定していた延伸版ですが、諸事情により15日に変更させていただきます、ご迷惑をかけて申し訳ありません。また追記…勝手ながら6月9日公開に変更…大変に失礼しました。
正式版公開&お知らせ
やっとリリースできた… 皆様…お待たせしました!いよいよBVE神奈鉄線データを延伸公開します。是非ダウンロード・運転なさってください。今回は登場車両(演出で)も豊富!急行・快速を120km/hで疾走しよう。また好評であった終電各停(個人的に好きです…)を標準搭載、終電ならではの演出・加減速性能などをお楽しみください。

…ここでお知らせ…
永らくの間ここで製作日記を書き進めておりましたが、次回より製作日記もブログへ移転します。なおブログはBVE専用ではなく雑記帳と併用致します。
inserted by FC2 system